キハギ(木萩) ~河川清掃ですっきり~
- 2016/06/13(Mon) -
キハギ459

長靴に長袖に帽子に、厚鎌、身支度OK。
5時30分、軽トラに乗って出発。
早朝から全町あげての河川清掃である。
毎年この梅雨時、地区を流れる川の中の伸びた葦などを切り取り片付ける。
山に近く傾斜地が多い当地では小河川といえども、大雨の時は侮れない。
この作業は、川の氾濫による災害を防ぐための昔から続く地区総出の「結」の一つである。
川の中に入るのは鎌隊と草払い機隊、土手で待つのは刈り取った草木を川から引き上げるロープ隊。
軽トラ隊は私を含め5台、集められた草を荷台に堆く積み込んで、離れた処分場まで運ぶ。

終わったのは7時を少し回る頃。
作業を終えた川の様子は、床屋へ行った後のようにさぱっぱりすっきりしている。
河川清掃は秋の道作りとともに、地区にとって欠かすことのできない大事な行事である。

叢生した木萩に紅紫の花が咲いている。

  六月の風にのりくる瀬音あり  (久保田万太郎)

キハギ456

キハギ457

キハギ458
この記事のURL | 日常・おはなし・他 | CM(0) | ▲ top
<<クリ(栗の花) ~またこの匂う季節~ | メイン | ヤエドクダミ(八重十薬) ~それぞれの味わい~ >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |