バラ(薔薇) ~土の下から~
- 2016/06/03(Fri) -
バラ136

畑は家の横と少し離れたところの二つある。
その遠い方の畑のすぐ横の土地が新しく住宅分譲地として売り出されることになった。
隣接地の地権者に招集がかかり、現地説明会があったのは4月初旬だった。
境界の確認と6区画の建設計画等について業者が説明する。
念のため埋蔵文化の調査を行ってから、その結果如何によって工事に着手するとのこと。

5月には個人的に色々があったため、久しぶりにその畑へ行く。
ジャガイモが花を咲かせている。

と、隣に重機があり、小山がいくつも出来ていた。
そばで3人が働いている。
1メートル以上も深く掘り起こされた土の上を丁寧に浚っている。
少しの間に発掘調査がだいぶ進んでいた。

驚いた。
住居跡が出てきていたのだ。
割れた土器らしいのが見える。
かまどの後も残っており、そこに古代人が住んでいたのが確認される。
全体の発掘が終わらなければ正確には言えないが、弥生時代のものらしいと。

ということは地続きの畑にも、もしかしたら古代の遺跡が埋もれているのかも知れない。
その上で作物を育てているのだと思うと、今といにしえの歴史の重なりの中に立つ自分がなんとも不思議に思える。

そういえば少し前になるが、体力のことも考えて、そろそろこの畑を手放そうかと話していたところだった。
最近は本気でそうしたいとの思いが強くなっている。

遺跡についてどんな調査結果が出るのか、教育委員会からの報告書を楽しみに待ちたい。

  バラの香か今行き過ぎし人の香か   (星野立子)

発掘調査1

発掘調査2

発掘調査3
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(1) | ▲ top
<<アマリリス(レッドライオン) ~人生ってやつは~ | メイン | イボタノキ(疣取木・水蠟樹)  ~そうだ、上野へ行こう~>>
コメント

hiougiさんが 「もう畑を手離しても良い。」と
思えるようになったその途端!
降って湧いたような遺跡のニュースでしたね。

畑が遺跡として残った方が ロマンを感じます。

古代の人がこじんまりと 慎ましく暮らしていた様子が伺われ
ホッコリした気持ちになりました。
2016/06/03 19:01  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |