シャクヤク(芍薬・氷点) ~朝陽を受けて~
- 2016/05/26(Thu) -
氷点164

朝、庭に出ると芍薬に朝陽が射していた。
たっぷりと重なる白い花びらは少しばかり陽の色に染まっている。
蕾は紅色で縁取られ、開くにつれその色を隠していく。
優雅でいて繊細でもある。

午後からは雨の予報という。
多くの花びらは打たれて散るのかも知れない。

   そろひ咲く白芍薬よ朝の庭  (阿部ひろし)

氷点163

氷点162

氷点161
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
<<ヤマボウシ(山法師) ~花はどれ?~ | メイン | セッコク(石斛) ~土の上で咲いた~>>
コメント

立派なシャクヤクですね~
若い頃(20歳頃)から、白いシャクヤクが好きで
お店で見かけると、買っていました。
特に好きなのは、淵にうす~いピンクがかかってるのが好みです。^^
いろんなお花がいっぱいで、オープンガーデン出来ますね♪
2016/05/26 08:21  | URL | みやこ草 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |