コデマリ(小手毬) ~覚えている?~
- 2016/05/11(Wed) -
コデマリ163

やってきた彼は言うのである。
「俺、覚えている?」
思い出せない。
「やはり覚えていないかあ、無理ないよな」
そんなことがいくつも続く今日昨日。
明日もそんな言葉が私の前に立つ人からかけられるかもしれない。
これが時間が与えた現実、それは仕方ないことだ。
なにもかもそのまま昔のままであることはできない。

48年ぶりに再会するあの頃の少年がいて少女がいて。

石川啄木あるいは室生犀星の心境。
   故郷の訛り懐かし停車場の人ごみの中にそを聞きに行く・・・・
   ふるさとは遠くにありて・・・・

コデマリ161

コデマリ162
この記事のURL | 日常・おはなし・他 | CM(0) | ▲ top
<<エビネ(海老根)~出会いと縁と~ | メイン | サツキ(皐月) ~五月の風を受けながら居る~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |