アマドコロ(甘野老) ~だれも子どもだった~
- 2016/05/05(Thu) -
アマドコロ160

小さな白い甘野老。
花の先だけ少しの緑。
別名で笑(えみ)草とも。
そばによれば自ずと顔も穏やかに。

誰にも子どもの時があった。
童謡のように、兄弟で柱に背の丈を印していたことを思い出す。
大人になって失ったものも多い。

   道しるべともなく傾ぎあまどころ   (和田暖泡)


アマドコロ161
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
<<ボタン(牡丹・島藤) ~やわらかなグラデーション~ | メイン | イベリス(宿根イベリス・Iberis) ~花と蝶~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |