ヤマブキ(八重山吹) ~謎かけの言葉を思い出しつつ~
- 2016/04/26(Tue) -
八重山吹161

八重の山吹が今盛り。
幾重もの花びらはやわらかく、重く。
乗せる細枝はしなる。

子どもの頃、母が教えてくれた逸話。
そんなことなども思い出しつつ。

  山吹や年々に身の軽くなる  (須佐薫子)

八重山吹162

八重山吹164

八重山吹165
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
<<ヒメリンゴ(姫林檎) ~果樹を育てるということ~ | メイン | リキュウバイ(利休梅) ~青空と白い花と雉鳩と~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |