ヒイラギナンテン(柊南天) ~鋭い棘が~
- 2016/04/18(Mon) -
ヒイラギナンテン161

トゲトゲの葉。
見るからにイタイ。
その中に隠れるように小さな黄色い花。

柊南天は葉に棘を付けることで何かを守っているのだろうか。

  春光る閃きのふと鋭どけれ  (池内友次郎)

ヒイラギナンテン162
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
<<レンギョウ(連翹l) ~雉の尾羽のように軽やかに~ | メイン | ユキヤナギ(雪柳) ~花の響き合い~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |