ミツマタ(赤花三椏)  ~…ん~ん、香りがいっぱい~
- 2016/03/30(Wed) -
三椏50

山茱萸の下に赤花の三椏。
一つひとつは小さな筒状の花。
それが集まり、ひとまとまりに。

その中に一つだけ黄色のが。
なぜだろう。
面白い。
それを見つけただけで楽しくなる。

その香りはかなり強い。
数枝切って部屋にも。
男の性格そのまま。
ああいい香り。
一人満足。

春の花は人をも春にしてくれる。

   三椏の花に光陰流れだす (森澄雄)

三椏305

ミツマタ306

三椏307

三椏303

三椏301

三椏308


この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
<<アンズ(杏・apricot)  ~青春の木~ | メイン | サクランボ(桜桃・桜坊の花) ~花花花、実実実、鳥鳥私~>>
コメント

ミツマタの花を 初めて見ました。

花の蜜を吸いに 沢山の鳥達が来るのかしら?

自然のまんまのミツマタも綺麗ですが
渋い花籠に生けた花姿も 又 趣が有りますね ♪
2016/03/30 17:00  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |