サクランボ(桜桃・桜坊の花) ~花花花、実実実、鳥鳥私~
- 2016/03/29(Tue) -
サクランボ291

花を見ながら、のちの実りに思いを馳せていた。

桜桃の花が盛りである。
一見、それは桜の花と同じに見える。
色は白味を帯び一つひとつもきれいだ。
蕊は花から飛び出るように少し長め。

約二ヶ月後。
花は実となる。

もっとも、その時は鵯の方が収穫上手である。
8、9割はその嘴が飲み込む。
一方的な試合ばかりだ。

彼らも毎年のこと楽しみにしているに違いない。
今年は少しでもその得点の差を縮めよう。

夏のデザート。
期待と楽しみ。

   桜桃の花純白を通しけり  (福田甲子雄)

サクランボ292

サクランボ293

サクランボ294
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
<<ミツマタ(赤花三椏)  ~…ん~ん、香りがいっぱい~ | メイン | ホウチョウ(木彫包丁) ~質感を出すには…~>>
コメント
桜坊がにこにこと

見事な桜坊。
青空と桜坊と。
優しい気持ちになりますね。
2016/03/29 09:50  | URL | 万葉 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |