ホウチョウ(木彫包丁) ~質感を出すには…~
- 2016/03/28(Mon) -
包丁6

包丁を彫った。
桜の一枚板を使う。

桜はやや堅めの材。
赤味を帯びたその肌理(きめ)は美しい。

形を切り取る。
厚さのセンターに線を引く。
刃先と峰が真っ直ぐ通るように。
柄の形が対称になるように。

彫る。
刃全体を薄くしていく。
柄の握りの微妙なラインを出す。
刃と柄が合わさるマチの部分に少し難儀する。

今回は包丁のシャープな機能的特質を出すために刀痕を消す。
当て木を巻いた#80のサンドペーパーで凹凸をフラットな面にする。
同様に#240、#320、#400と徐々に番数を細かくしていく。
最後に#1000で仕上げる。

できあがったのを見ると木目(もくめ)の出た白木のままも味があっていい。
迷ったが、今回はよりらしさをと着彩を施す。
刃はデザイナーズカラーのシルバーを使う。
一度塗りのあと、サンドペーパーで研ぎ、再度塗ってより金属質を出す。
柄にはポスターカラーのホワイトとブラックを混色して、やや厚塗りの一回で済ませる。
乾いたところで、化繊布で磨く。
刃には少し艶が増し、柄には鈍色が出て、それぞれの質感が多少なり表われる。

ここまで。
それにしても桜は彫っていて気持ちのいい材だった。

家の桜もぼちぼち咲き出している。

   こだはりのさくらいつぽんありにけり   (山本嘉郎)

桜の板

包丁3

包丁1

包丁4

包丁4-1

ポスターカラー

包丁5

この記事のURL | 彫刻を作る | CM(4) | ▲ top
<<サクランボ(桜桃・桜坊の花) ~花花花、実実実、鳥鳥私~ | メイン | ユキワリソウ(雪割草)  ~君も出てきたんだ~>>
コメント
素晴らしいです
刃の冷たい感触が伝わるようです。
2016/03/28 07:58  | URL | Hudson Terrace #ZeBYuJyY[ 編集] |  ▲ top


画像を見た瞬間、えっ、今日はなんで包丁?と思ったほど本物の包丁かと・・
こういった日用品も彫刻の対象になるのか、と驚きました。
出来上がりもすごくいいです。
2016/03/28 08:44  | URL | miya #-[ 編集] |  ▲ top


初めてコメントします。
四季自然の風露草です。
いつもご訪問ありがとうございます。

あまりにもホンモノに見え、切れそうですね。
スゴイです、ビックリです。
いつも楽しみにしています。

2016/03/28 15:31  | URL | 風露草 #-[ 編集] |  ▲ top


桜材は お庭に有った桜の木でしょうか?

思わずドキリとする様な 迫力のある作品だと思います。

チョッピリ恐ろしいけど 素敵だわ。
2016/03/28 20:03  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |