ヤブカンゾウ(藪萱草)  ~新芽のやわらかな瑞々しさ~
- 2016/03/27(Sun) -
藪甘草162

藪甘草を食べ出してからすでに一週間程が経つ。

庭のあちこち、あるいは周りの土手に新芽が出ている。
籠を持っては集める。

さっと茹でておひたし。
香りはあまりないが、癖がなく食べやすい。
やわらかく、それでいてシャキシャキも。
削り節を載せて。
醤油をちょんちょんと。
時にはマヨネーズ。
味噌でも。
どれにもあう。
毎日でも飽きない。

まさに旬。
口が喜ぶ。
これからは野のもの、山菜の季節でもある。

   ざつくりと切られ水吹く春菜かな   (能村登四郎)

藪甘草161

藪甘草164

藪甘草163
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(1) | ▲ top
<<ユキワリソウ(雪割草)  ~君も出てきたんだ~ | メイン | クンシラン(君子蘭) ~のんびりと心の中の一人異動~>>
コメント

ヤブカンゾウ、我が家もさっと茹でておひたしです。

一般では、なかなかレアな山菜ですよね。

竹籠もナイスです。
2016/03/27 18:33  | URL | Hanakaze #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |