シロバナジントウゲ(白花沈丁花) ~香を浴びる~
- 2016/03/24(Thu) -
白花沈丁花160

スーッと胸の奥に入ってくる香り。
隅々までも。
その届け主は白い沈丁花。
沈の香。
丁の香。
心静まる。

花香浴とでも言おうか。
春の花が五感を奮わせる。
背中を押してくれる。

  素直なる心に導く沈丁の香 (あや)

白花沈丁花161

白花沈丁花162

白花沈丁花2436

この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
<<スイセン(水仙) ~ひとかたまりの香りと新しい意思と~ | メイン | ナス(木彫茄子) ~やわらかな感じ…、春だもの~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |