ジンチョウゲ(沈丁花) ~彼岸に広がる花の香り~
- 2016/03/19(Sat) -
沈丁花191

庭に広がる澄んだ香りは沈丁花です。
離れたところからでも鼻に入り込みほどの強さです。
瞼閉じてもそこにあることを教えます。

過ぎた日のことです。
ふる里の母にその香りを届けたく、一枝持っていたことがあります。
「あら、いい香り、素敵」と喜んで、一輪挿しに挿して玄関に飾ってくれたのでした。

今日は笑顔で着物姿の、額に入った写真の前にも置きます。
香りを一緒に楽しんでもらうことにしますね、お母さん。

  母にも香り届けよ沈丁花 (あや)

沈丁花192

沈丁花193
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
<<ヒメリュウキンカ(姫立金花)  ~「またありがとう」の春の日~ | メイン | カスミザクラ(霞桜) ~桜切る馬鹿です~>>
コメント

おはようございます。

お母さまに飾って差し上げた沈丁花のお花の香りが
今、私にも届いてくるようです☆

私も子供が幼かった頃に沈丁花のお花の香りの
思い出がいつまでも心に残っているので、
ブログに載せる予定でいました☆

    ☆  ☆  ☆

いつも、シンプルで素敵なブログを届けて下さって
有り難うございます☆
私はお気に入りに登録させて頂いて、楽しく
拝見させて頂いています☆
2016/03/19 08:10  | URL | さくら #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |