ユキワリソウ(八重雪割草) ~根があってこそ~
- 2016/03/13(Sun) -
ユキワリソウ3141

昨日までそこには花色はなかったのです。
それが朝、いくつもの淡紫が落葉の中に。
八重の雪割草でした。
一日で…です。

表に見えない土の中で気力と活力をじっくり蓄えていた根。
それに呼応し、自分に一番いい時を適確に判断し開く花。
それぞれ一所懸命。

献身的な根と、根の思いも抱きしめて咲く花。
根と花の間に通じ合う絆と交わされる会話。

日々、昨日と違う今日の春があります。

    あらまあ~夢雪割草が咲いている (あや)

ユキワリソウ3144

ユキワリソウ3143

ユキワリソウ73142
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(2) | ▲ top
<<ツバキ(椿) ~流木と遊ぶ、創る~ | メイン | アセビ(馬酔木) ~届けられた旬の香り~>>
コメント
こんばんは はじめまして
八重の雪割草を見たのは初めてです。
きれいですね。
昨日まではなかった花がこんなふうに咲き始めるのですね。

hiougiさんのお写真 すごくきれいです。
実際に見ているかのように思えてきます。
いつもありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
2016/03/13 21:07  | URL | 花梨 #ndHicBQ6[ 編集] |  ▲ top


そちらは雪割草に合っている風土なんですね。
こんな八重の可愛い雪割草が自然の状態で咲いてくれるなんて、
うらやましい限りです。
2016/03/16 20:59  | URL | しーちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |