モンシロチョウ(紋白蝶) ~いのちのかたち~
- 2016/01/30(Sat) -
死んだモンシロチョウ

モンシロチョウは死んだ。
翅をたたみ固くなって落ちていた。
部屋の中で羽化してから1週間程経つ。
その間、厳しい寒さもあった。

昆虫の死骸を時々取っておいたりする。
子どものようだとか、変だとか思われるかも知れない。
標本にするというのではない。
その造型の妙趣に惹かれるからだ。
そしてその色や形を単純に美しいと思う。

真夏の庭に落ちていた蝉がある。
今にも動き出しそう。
真夏の庭で遊んでいた玉虫がある。
金属質の光沢はそのままに。

このモンシロチョウもしばらく取っておこう。

  或日あり或日ありつつ春を待つ  (後藤夜半)

死んだ蝉

死んだ玉虫
この記事のURL | 日常・おはなし・他 | CM(2) | ▲ top
<<ジョウビタキ(尉鶲) ~気がつけば~ | メイン | ハクモクレン(白木蓮) ~準備する~>>
コメント
モンシロチョウ
モンシロチョウ、ついに命つきましたね。寒い中暖かい室内でそっと見守られて。
「このモンシロチョウもしばらく取っておこう。」とのこと、蝶蝶さん良かったねと思わず話しかけました。
2016/01/30 10:26  | URL | しーちゃん #-[ 編集] |  ▲ top


宝石のように綺麗ですね
短い命を 精一杯全うして 今は 安らいでいる様です…

離れがたい想いも有りますね
春が来て暖かくなったら 又 土に戻って行くのでしょうか…
2016/01/31 14:18  | URL | 優 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |