女(楠・木彫) ~とりあえず切る~
- 2016/01/15(Fri) -
19.jpg

鼻の奥まで届くような木の香りが部屋中に充満する。
ドアを開けると、隣の部屋にまで行き渡る。
それを発しているのは楠。

納得出来る作品ではない…と、公募展から帰ってからずっとそう思っていた。
毀損するか、新たに手を加えるかと作業場に運び入れたものの、何することなく時が過ぎた。

今年に入ってから何も作っていない。
「いけない…、始めなければ…」と、道具を手にする。

もとは胸像だが、特に頭部が気に入らない。
額から鋸で切り落とす。
その上に別の材を継いで、新しく造形し直すとする。
で、作品に鋸を入れた途端にあの特有の強い香りが広がったのである。

とりあえず気になる部分は取り除かれた。
原型を生かしながら想を再構築する。
今回はじっくり時間を掛ける。

それにしても楠はいい材だ。

  屑払ふにもかけひきや日脚伸ぶ  (安住 敦)

20.jpg

7.jpg
この記事のURL | 彫刻を作る | CM(1) | ▲ top
<<肉筆浮世絵展 ~美の競艶~ | メイン | デンドロビウム・キンギアナム(Dendrobium kingianum) ~広がる香り~>>
コメント

思い切りよくスパーンと切られて・・・・
彫刻でそのようなことができるのですね。始めて知りました。
納得のゆく、気持ちの良い作品に仕上がりますよう❤
2016/01/15 09:43  | URL | mimiha #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |