デンドロビウム・キンギアナム(Dendrobium kingianum) ~広がる香り~
- 2016/01/14(Thu) -
彫刻とキンギアナム

会合から帰ってきたら、彫刻の横に切り取られたキンギアナムが花瓶に挿されてあった。

ここ2日3日でようやく咲いたばかり、切るには少し早い気もしたが、そうしたかったのだろう。

花は小さく、石斛にも似る。
素朴で可憐だ。
蕾もまた三日月のように愛らしい。
強い香りを持ち、それが部屋に放たれる。

10年くらいになるのだろうか、冬の時が来ればこのように毎年咲いてくれる。

   月落ちてひとすぢ蘭の匂ひかな  (大伴大江丸)

キンギアナム1140

キンギアナム1142

キンギアナム1143

キンギアナム1141

この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
<<女(楠・木彫) ~とりあえず切る~ | メイン | カネノナルキ(花月) ~こどもの貧困~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |