コウバイ(紅梅)  ~咲いた~
- 2016/01/10(Sun) -
紅梅1101

”太宰府の飛び梅が一輪咲きました”と昨日のニュースは伝えていた。

「ふ~ん、梅もかあ」と軽い感慨で流して見ていた。
ほんの僅かな時間差でふと浮かぶ思い。
家の梅は?
駆り立てられるように庭に出る。

こちらの鹿児島紅梅と豊後は蕾にそれぞれの色が見られる。
桃色の八重の紅梅は?
おうおう、二輪咲いている。
この早さ、驚くやら嬉しいやら。

昨年の3月20日。
  暖かないい春日和です。
  紅梅もお日さまに「そろそろですよ」と促されます。
  蕾は半開きに。
  半開きは全開に。
  姿を香りの付いた華やぎの装いに。
その開花を私はこのように記していた。
そして続けている。
  私も車の冬用タイヤを履き替えました。
  濃くなりつつある日の力をいただきながら、身のまわりも軽やかになりましょう。

去年は冬が終わりを告げ、春が確かに訪れた日和の中で花開くこの紅梅だった。

世相も年明け早々から驚天の喧噪である。

   このころや梅咲くほとの日の力   (松岡士喬)

紅梅1104

紅梅1103
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
<<「をなご」と「盲目のエロシェンコ」と「少女」 ~三度目の正直~ | メイン | ミツマタ(三椏) ~冬風の日~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |