クリスマスローズ(Christmasrose)  ~あとみよそわか~
- 2015/12/31(Thu) -
クリスマスローズ赤紫151

節目節目に思い出す言葉がある。
「あとみよそわか」
幸田露伴が娘に教えたという生き方のオマナジナイだったと本で読む。
「やるべき事が一段落したら、必ず自分のやった後をふり返り、最後の最後まで見届けてから次へ移るのですよ」と。
アトミヨソワカ、アトミヨソワカ、アトミヨソワカ…。
繰り返して声に出せばお経のような不思議な音の響きと共に、重みを感じさせる言葉である。

“だって”と“けれど”。
“弁解”と“言い訳”。

あるのは「やったか、やらなかったか」の事実だけ。

大晦日に今一度。
「あとみよそわか」
「後見よ蘇婆訶」

大晦日に咲く花。
「くりすますろーず」
「足元見て静慮」

   大晦日定めなき世の定めかな  (井原西鶴)

クリスマスローズ赤152
この記事のURL | 日常・おはなし・他 | CM(2) | ▲ top
<<ヤブラン(藪蘭の実) ~秘めたあらたと確かめるあたら~ | メイン | ボケ(木瓜) ~暮れの来客、暮れのぼけ~>>
コメント

毎日美しい画像と深い言葉の数々を拝見させていただき有難うございました。また、私の拙いブログにご訪問いただきお礼申し上げます。良いお年をお迎えください。
2015/12/31 08:42  | URL | miya #-[ 編集] |  ▲ top

あとみよそわかとつぶやいて

あとみよそわか・・・と振り返ってみる。
今年やり残したこと、ひとつ。
ちょっぴり後悔。
でも、来年に繋げるできなかったこと。
新しい年に繋げたい。
たちどまってふりかえるおまじない。
2015/12/31 14:36  | URL | ミルクティー #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |