サンシュユ(山茱萸) ~戸惑う木々~
- 2015/12/21(Mon) -
サンシュユ21

サンシュユには春黄金の別名がある。
葉が出る前の浅い春に木全体を黄色く染めることを見立ててのこと。
毎年3月半ばにはそんな状況を見せてくれる。

そのサンシュユに数輪の花を見つけた。
冬に見るのは初めてのこと。
枝には赤い実がまだいくつも残る。
見れば今にも割れそうないっぱいの蕾。
まさか全て咲くはずはないだろうが。
木に季節を違えさせるこのところの陽気である。

木々を戸惑わせるのもの…。
地球に負荷を与えているもの…。

  山茱萸に黄花三つ四つ冬ぬくし  (あや)

サンシュユ22

サンシュユ23

サンシュユ24
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
<<クチナシ(山梔子の実) ~高みを求めて~ | メイン | ダイコン(大根) ~道を教へけり~ >>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/12/21 09:03  | | #[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |