クルミ(胡桃・walnut) ~「くるみ割り人形」の季節~
- 2015/12/17(Thu) -
クルミ030

胡桃を籠に拾う。
外皮は茶色くなり、皺を纏っていい味を出している。
表現をそそられるような色と形だ。

花が咲くのは5月。
緑の花穂を長く尾状に垂れる雄花。
赤い花穂を上に向かって咲かせるのは実になる雌花。
時を経て実となり、そして時が来て落ちる。

このあと果皮を落とし、洗って干す。
しばらく置いてから、来週あたり夕食後にでも「くるみ割り人形」を見ながら割ることにする。

この2本の木もいよいよ手に負えなくなりつつある。
春前には伐る。

    胡桃二つあれば片手に一つづつ  (金澤明子)

クルミ022

クルミ011

胡桃の雄花0959
2009.5.9

くるみの雌花0959
2009.5.9
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(2) | ▲ top
<<ヒメジョオン(姫女苑)  ~メモの上の消去線~ | メイン | ホトケノザ(仏の座・三階草)  ~道草するふゆ~>>
コメント

胡桃の木・・・・ 切ないものがありますね・・
やはり伐採することに決まったのですね。
我が家の木も、年数を経て次第に元気が無くなってきていますが、
それでも葉をしげらせ、胡桃をおとし、生きています。
私達がここに住んでいる限りは、胡桃は切らないときめていますが、次の代には、きっとなくなつていることでしょうと思っています。大きくなる木の処遇は、なかなかに辛い物がありますね。
2015/12/17 10:33  | URL | mimiha #-[ 編集] |  ▲ top


家でクルミの収穫も出来るなんて凄いですね~

クルミの実は美味しく頂きますが

木は見た事無かったです。 
下の写真・・赤い花がクルミの花ですか?

伐採するほど大木になるには、何年程掛かるのでしょう。
2015/12/17 15:56  | URL | みやこ草 #-[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |