ゼラニウム ~静かなる年の暮れ~
- 2010/12/29(Wed) -
 ゼラニウム

  人もし生くること百年(ももとせ)ならんとも
  おこたりにふけり精進(はげみ)少なければ
  かたき精進にふるいたつものの
  一日生くるにもおよばざるなり

  底深き淵の澄みて
  静かなる如く
  心あるものは
  道をききて
  こころ安泰なり
              『法句経』   (青山俊董著より)

己の道の深さを知り
己の道の広さを知り
今に励み
今に尽くす
先人は「ひたすら」であれとを教える
先人は「一歩」を重ねよと教える
今日あるは今日のことのみ
今日あるは最後の一日なりと

できなかったのかやらなかったのか
その手が動かなかったこととその手を動かさなかったこと
人の眼はごまかせても自分の眼はごまかせない
静かに思い謙虚に考える年の暮
 
   耳も目もたしかに年の暮るるなり  (阿部みどり女)  

 ゼラニウム 
この記事のURL | 思い・感じ・考えたこと | CM(0) | ▲ top
<<バラ(薔薇) ~夜の薔薇~ | メイン | コチョウラン(胡蝶蘭) ~植えるものは多かりき~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |