ノリウツギ(糊空木) ~いのちは立っている~ 
- 2010/12/14(Tue) -
のりうつぎ 

  「冬の子」   坂村眞民

  冬の子は
  冬の子らしく
  冬を愛してゆこう
  冬の雲
  冬の花
  冬の木
  冬の鳥
  すばるも冴えて
  私の心もしまる
             (自選 坂村眞民詩集より)

瑞々しさがあり
香りがあり
清々しさがあり
華やぐ色がある

そのどれもない
冬の花
しかし深く美しい
透き通る熟したいのち

  冬樹々のなかでいのちは立っている眠ればしぬと思うがごとく(柳沢桂子)

のりうつぎ  

のりうつぎ
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
<<ヒヨドリ(鵯・bulbul) ~冬の本質~ | メイン | モズ(百舌) ~生きるという悲しいこと~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |