ウコギ(五加木) ~革の手袋~
- 2017/04/22(Sat) -
五加木171

「五加木を切ってくれる?」

畝作りがもう少しで終わろうとしていた時に、家から出てきた家人がそう言った。
鍬を置き、枝切り鋏に持ち替えて五加木を切った。
30本ほど切り、頭を揃えて持って行った。
「この倍くらい切って」と言われた。
戻って同じくらい切った。

「葉を取って」
「畝を終わったら」

キュウリととトマト用の畝である。
連作を避けるように配置を考える。
程なくして終わった。

革の手袋をする。
普通の軍手でやると棘は抜けて指を刺す。
ひたすら枝から出たばかりの葉を外し取る。
4籠になった。

おひたしになって夕食に出たのは言うまでもない。
数日はこれがきっと続くだろう。
好きなので構わない。

「明日も切って。冷凍しておくから」

五加木は桜の樹のそばにある。
早朝に片付けよう。

  羚羊の出るといふ谿五加木摘む  (三村純也)

五加木172

五加木173

五加木174

この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(0) | ▲ top
タラノメ(楤の芽) ~「食べられそう」~
- 2017/04/17(Mon) -
タラノメ171

鍬を置いて、休んだ。
温かいお茶を飲んだ。
畑にはいつもマグボトルを持って行く。
季節や気温に合わせてに合わせて温度や中味も変えて。

ボーッと辺りを見渡していた。

北隅の楤の木が目に入った。
ボトルを置いて、近寄った。
タラノメがいつのまにか大きくなっている。
採り頃ではないかと思った。

家の中に声を掛けた。
「タラノメが食べられそうになっているけど…」
「見に行くわ」

籠を持って出てきた。
「いいじゃない。食べられそう」
「これとあれとそれと、それからあれとそれも」と指示する。
私は手に力を入れて捻り採る。
とりあえず5個。
「夕食は天麩羅ね」

あと2、3回は収穫できそうだ。
棘が刺さったことは黙っていた。

  みつめゐてまぶしき楤の芽を摘みぬ  (加藤知世子)  

タラノメ172

タラノメ173

タラノメ174

タラノメ175

タラノメ176
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(0) | ▲ top
ウルイ(オオバギボウシ・大葉擬宝珠) ~今は山菜としてその旬を採る~
- 2017/04/14(Fri) -
ウルイ7045

オオバギボウシが伸びてきた。
葉はまだ巻かれたままだ。
柔らかで瑞々しい。
そして今のそれこそが旬の味覚なのだ。

庭に幾つもある株の中から、少しずつ選って切っていく。
本来はこれからの大きな葉と立ち上がるたくさんの優しい花がメインであるのだから取り過ぎてはいけない。

おひたしにして削り節をかければ、申し分ない。
うまい。
まさに旬菜感。

  草の芽の今輝くは命かな (小林康治)

ウルイ175

ウルイ181
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(0) | ▲ top
カツラ(桂) ~伐る~
- 2017/04/03(Mon) -
桂171

桂はいい木だ。

白緑の春芽吹き。
夏はハートの緑葉。
やわらかな秋の黄葉。
そして落ち葉の甘い香り。

色々と考えて伐ることにした。
少しの逡巡もあったが、伐った。
思いの外、難儀で時間がかかった。

地に広がる綿菓子のような香りのするハート葉があまりにもよくて、掃くのを惜しみ幾枚も手にとっては密かに本に挟んだりしたこともあった。

何かを得るためには何かを捨てなければならない。

ピーヒャラドンドンドンの音と共に大きな獅子が練っていく。

    山車(だし)曳きて田畑を覚ます春祭り   (馬場移公子)

桂172

桂173

                                   ハートの落葉
20151026.jpg
                                     秋の黄葉
20141105.jpg
                                  
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(1) | ▲ top
ヤブカンゾウ(藪萱草)  ~野の恵み~
- 2017/04/02(Sun) -
ヤブカンゾウ171

野からの瑞々しい恵みも届くようになる。
家の周りにはさまざまな草木の新芽も続々と。

笊に採ったのはヤブカンゾウ。
根元を少し掘り下げて白い部分を出し、土の中に刃を入れる。

おひたしにする。
香りや独特の食感があるとかではないが、癖がなく野の感そのもので好みである。
口の中でジャリッとする。
洗いが不十分だったようで葉の間に砂が残っていたらしい。

小さくて若い葉のうちのしばらくは、摘んで口に楽しむことができる。
白い部分を生で味噌かマヨネーズも美味しい。

花はもちろんだが、春はこうして旬の味覚がうれしい季節でもある。

  春菜摘む籠のふちゆく天道虫  (国光勢津子)

ヤブカンゾウ172

ヤブカンゾウ173

ヤブカンゾウ174
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(1) | ▲ top
フキノトウ(蕗の薹) ~好きなんです~
- 2017/03/28(Tue) -
フキノトウ2171

味噌にしました。
そしてもちろんご飯に乗せて。
その香り、そのほろ苦さ。
舌も喉も喜びます。
食も進みます。
今、この季だけの妙味です。

庭ではまだまだ取れます。
あちこち適度に散らばってあります。
順次に出てきてくれます。
おかげです。

私、好きなんです、蕗味噌が。


   摺鉢の蕗味噌香る朝餉かな (奥 敏子)

フキノトウ2172

フキノトウ2173

フキノトウ2174

フキノトウ2175
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(1) | ▲ top
クロアゲハ(黒揚羽) ~冬の蝶に早すぎた春~
- 2017/02/13(Mon) -
黒揚羽111

尽きました。

体を仰向けにして。
だんだんと動かなくなり。
さいごは少し翅を震わせて。
標本のように広げて整え。

シクラメンの中に入ったり。
コチョウランの上で休んだり。
エアコンの横や蛍光灯の周りを飛んだり。
でも一番好きな場所はレースのカーテンでした。
外へ出たかったのかもしれません。

7日に羽化し、11日ですから、たった4日でした。
用意した砂糖水には口を付けませんでした。

赤い板の上に乗せました。
綺麗なままです。

私のエゴでした。

  凍蝶のいのちの翳(かげ)の漂へる (鈴木榮子)

黒揚羽113

黒揚羽112

黒揚羽115

黒揚羽114
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(2) | ▲ top
モクレン(白木蓮) ~光浴びてやわらかに~
- 2017/02/05(Sun) -
モクレン174

ゴミを出しに行った。

ゴミステーションの横ではご夫婦で梨の枝の誘引作業をしていた。
秋の収穫を見据えたこの時期にする大事な仕事。
園には少し大きめの音量でラジオが流れていた。

そぞろに庭の木々を眺めてみた。
白木蓮の蕾もやわらかく膨らんでいた。
ビロードのような光沢をもつそれは猫の毛のようにも見えた。

「芽ぐむ」「芽ざす」「芽ばる」「芽だつ」「芽吹く」「芽生える」。
それぞれが少しずつ春の幕を開きつつある。

結婚以来、ゴミ出しのすべては私の仕事である。

  美しく木の芽の如くつつましく (京極杞陽)
 
モクレン173

モクレン172

モクレン171
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(1) | ▲ top
ヒペリカム(Hypericum・ヒペリカムの実) ~時ともに移ろう~
- 2017/01/30(Mon) -
フユノヒメリカム171

「薔薇の芽が動き出しましています」
「そろそろ剪定しなくてはです」
そう教えてくれた。

そうか、今がいいのか。
上手に育てるコツをいまだよく分かっていない。
身支度を調えて鋏を持った。

いろいろな角度から薔薇を見た。
感覚だけで思い切りよく剪定をした。
高さや形からしてなんとなく良さそうに思えた。
これできっといいのだろう。

気温がぐんと上がってこの時期としては珍しいほどに暖かい日だった。
剪定枝を片付けた。
少しの汗が出た。

手袋を取ったら、甲に赤い筋が走っていた。
棘でひっかいたらしい。
気がつかなかった。

薔薇の横に黒くなっているのはヒペリカムの実だ。
夏には艶やかで赤も鮮やかだった。
時は姿を変えさせる。

    枯るゝ庭ものの草紙にあるがごと  (高浜虚子)

冬のヒペリカム172

冬のヒペリカム173

2016年7月 2016年7月
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(2) | ▲ top
アセビ(馬酔木)  ~ただじっと待つ~
- 2017/01/24(Tue) -
冬馬酔木175

今朝、東の空には輪郭が明瞭に月が綺麗だった。
そんな凍てつく月を見ると不思議に心が熱くなり密やかな願いをかけたくなる。
予報を見ると、寒さもここ一週間がピークだろうか。

馬酔木が赤い蕾をたわわにしている。

みんな待っている。
何もかもがじっとして。

  寒暁を覚めての息の快し (篠田悌二郎)

冬馬酔木174

冬馬酔木173

冬馬酔木172

冬馬酔木171
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(0) | ▲ top
ミツマタ(冬の三椏) ~一日ごとに耐えて~
- 2017/01/22(Sun) -
冬の三椏171

庭を見ます。
多くの草木は茶枯れの姿です。

三椏に蕾がついています。。
ビロードのようなやわらかな毛に包まれています。
小さな蜂の巣にも見えたりします。
これからなお時間を掛けて膨らみを大きくします。
そして色と香りを身に得ていきます。

じっと次の季節待つ姿です。
耐える日があってこそです。

  枝をさしのべている冬木  (種田山頭火)

冬の三椏172

冬の三椏173

冬の三椏174
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(0) | ▲ top
凍る ~草木を閉じ込める~
- 2017/01/20(Fri) -
氷171

庭から続くその先の西側。
冬枯れの景色の中。
蘆の穂が光る所。
一箇所が凍る。

離れて見て、近づいて見て、触れてみる。
氷柱のように長く伸びたり。
茨などがその氷の中に閉じ込められたり。
厳寒ならではの造型。
これが自然。

  大寒と敵(かたき)のごとく対(むか)ひたり  (富安風生)

氷172

氷173

氷174

氷175
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(1) | ▲ top
スイセン(水仙の芽) ~出てきた小さな姿~
- 2017/01/19(Thu) -
冬の水仙171

そこかしこに先日の雪がまだ残ります。
そして陽あたりのところどころ。
伸びる数本の小さな形が見えます。
それは水仙の緑葉です。
まだ1㎝、2㎝、3㎝…とほんのわずかですが。
昨日見つけました。

冬の語源の一つに『殖(ふ)ゆ)』という言葉があると読んだことがあります。
寄り添いかたまる水仙の姿を見てそんなことを思い出しました。

  冬晴を吸ひたきかなや精一杯  (川端茅舎)

冬の水仙172

冬の水仙173
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(0) | ▲ top
サナギ(真冬の蛹) ~無事に羽化するといいんですが~
- 2017/01/16(Mon) -
揚羽冬蛹4

「おや?」
葉を落としたカラタチの木に何かが付いています。
目を近づけるとどうやら蝶の蛹です。
枝に帯糸を掛けて自らを支えています。
薄緑色で二つの角のようなものがあります。
ナミアゲハでしょうか。
氷点下になる真冬の空の下での蛹化、なんとも健気です。
ちょっと迷いましたが、付いている枝を切って部屋に入れることにしました。
ほんとはそのままにして自力で春を待たせてやるのが一番だとは思いつつ。
もしかしたら羽化するかもしれないと、そんな興味と期待を持って。
しばらく子どもの気分になって見守ってみます。

  帯糸張りいのちの翳の冬蛹  (あや)

揚羽冬蛹3

揚羽冬蛹1

揚羽冬蛹2
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(1) | ▲ top
ホオズキ(冬の鬼灯) ~変わるその形~
- 2017/01/14(Sat) -
籠の中のホオズキ171

色形が良くて、造型にも良さそうで、オブジェにもなりそうで。
それで秋の終わりにはいつもいくつかは取っておく鬼灯。

冬さなかの庭の外れに鬼灯の茎が一つ。

あるものは袋に朱の色を少し残し。
あるものは袋の皮が剥がれて網目模様となる。
あるものの中には朱の玉が透けて見え。
あるものは底が破れて玉がこぼれ落ちる。

姿を変えたこうした冬鬼灯もまた部屋に迎え入れる。

  冬景の魅了するにも任せけり  (相生垣瓜人)

冬のホオズキ171

冬のホオズキ174

冬のホオズキ172

冬のホオズキ173
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(1) | ▲ top
カリン(榠樝) ~砂糖漬けと冬の実~
- 2017/01/12(Thu) -
カリンの砂糖漬け17

カリンの実は砂糖漬けにしてくれる。
割って種を取り、皮を剥いて小片にするところまでは私がする。
およそ5月頃まで食べられる分が漬けられる。
でも食べるのは私だけである。
美味しいのにと思うのだが、家人はほとんど箸を付けない。

今年は3分の1ほどを取らずに木に残したままにした。
高所での作業、今の自分の運動能力と体力などを冷静に考えれば無理しない方が良い。
身の回りではだんだんにそんなことが増えている。

多くはそれぞれが時期を見て落下したが木にはまだ3個付いている。
先日の雪が残る上にも一つ。
落ちて転がったのを拾っては木の下に寄せて置く。

部屋にはまだ漬けられるのを待つ実が籠の中にたくさん。
艶やかで甘い香りの実、手にすれば、いくつかの想いが蘇ったりもする。

    己が木の下に捨てらる榠樝(かりん)の実  (福田甲子雄)
 
冬の花梨1712

冬の花梨1711

冬の花梨1713

冬のカリン174
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(0) | ▲ top
シモノハナ(霜の花) ~冷えた朝に~
- 2016/12/13(Tue) -
霜の花161

あの時やそんな事などを思い出したりする月影もくっきりの冬の夜。
こんな日の明朝はきっと冷える。
ポトポトポト…、寝る前に井戸水の栓を少し開く。
凍結させないように。

越した朝。
-4℃の枯れ庭に現れた霜の花。
咲いたのは杜鵑草(ほととぎす)の茎元。
その姿は水飴や綿飴にも似る。
今にも消え失せそうな繊細さと儚さを漂わせ。
それは厳しい凍みとわずかな水分が織り成す不思議な花。

そして明るい光が差し込む。
白い霜の花は溶けた。

  霜柱顔ふるゝまで見て佳しや (橋本多佳子)

霜の花162

霜の花163
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(0) | ▲ top
イロハカエデ(いろは楓) ~師走入りに少し気を引き締め~
- 2016/12/01(Thu) -
イロハモミジ161

まずSUV車を冬用タイヤに替えた。
これだけはサイズが大きく重いので毎年GSでお願いしている。
なにより一番は腰への負担が心配だから。
4本を車に積むだけでもけっこうだった。
そして降ろして収納するのも。
時折東京へ行くにも走らせる車なので早めにである。
年々体力は衰えてはいるが、あとの2台はまだ自分で交換きるはず。
今度の土日にでも。

部屋の私の坐る定位置からはイロハカエデが見える。
緑と黄色と朱と赤が混じってグラデーションに。
まだ紅葉が楽しめる。

師走入り。
いよいよかという少しの焦りと、まだまだだと落ち着かせる思いが交錯したりする。

  なかなかに心をかしき臘月(しはす)かな  (松尾芭蕉)

イロハモミジ164

イロハモミジ163

イロハモミジ162

この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(0) | ▲ top
ハクサイ(白菜) ~朝の会話~
- 2016/11/30(Wed) -
白菜162

「ねえ、見て」
「1個、38円よ」

【毎週恒例 火曜市】との折り込み広告を見て言った。
〈お1人さま5個限り 先着500個限り〉とあるピーマンのこと。
私には値段のことはよく分からないが、今総じて野菜が高いらしい。

そういえば先日、「ピーマンをパックして」と言われた。
それで、収穫してあったピーマンの残りを幾つかの小分けにしてフードセーバーで真空パックにしたのだった。
主婦の働かせる知恵…。

そのあと、「白菜一つ採ってきて」と言うので、畑に行った。
手渡すと、外葉を何枚か剥き新聞に霧を吹きかけてくるんだ。
すぐに料理に使うのかと思っていたらどうやら違うらしい。
その辺のことは無頓着で大雑把な私のような男は分からない方がいい。

11月も終わるか。

  洗ひ上げ白菜も妻もかがやけり  (能村登四郎)

白菜161

白菜510
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(0) | ▲ top
カエデ(楓の紅葉) ~短いひとときの素敵なコラボ~
- 2016/11/27(Sun) -
楓01

まだ黄色いけど。
きれい、きれい。
この先さらに赤くなって色鮮やかに…。
青空を背景に楓の紅葉です。

その2日後のことでした。

時ならぬ11月の雪はそれらを落としました。
止んだあと、残っていた葉も少しの風ですべて落ちました。
ちょっとだけ部分を赤く染めているのもわずかに見られます。
でも雪の上にある葉の多くはまだ黄色いままでした。
雪も葉の形にあわせてシンクロしたりも。

あまりお目にかかることのできない白雪と紅葉楓の素敵なコラボです。

そしてしばらくして、そこの雪はその日のうちにとけました。

  手に拾ふまでの紅葉の美しき  (和田順子)

楓02

楓03

楓042

雪の上3

雪の上4

雪の上1

雪の上2
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(1) | ▲ top
カーネーション(carnation) ~雪のあとは~
- 2016/11/26(Sat) -
雪とカーネーション1

雪が止み、晴れて陽が広がると嬉しくて外に出たくなる。
たとえればそれは子犬の気分?

目に映る白い景色。
もののかたちになるやわらかな起伏。
微妙な階調に変化する青い陰影。
雪だけが創ることのできる造型の妙。

そんな中に顔を出すものなどを見つけると、いいようがない。

雪の中にカーネーションもあった。

  雪まみれにもなる笑つてくれるなら  (櫂未知子)

雪とカーネーション2

雪とカーネーション3
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(0) | ▲ top
シダレモミジ(枝垂紅葉) ~もみじあそび~
- 2016/11/24(Thu) -
シダレモミジ161

美しい時を迎えているもみじたち。
たとえば歌に詠んで遊んでみたりもして。

  「きれいだね」と 一葉を取って 手渡して あなたが言った 枝垂れ紅葉
  これは僕、これは君のと もみじの葉は 太宰の本に 挟まれてある 

深い切れ込みの葉を持つ枝垂紅葉。
下に入って裏から見るのが好き。

    枝垂れ葉に光延び来て冬隣  (あや)

シダレモミジ162

シダレモミジ163

シダレモミジ164

シダレモミジ165
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(0) | ▲ top
マンサク(万作) ~ひたすらに~
- 2016/11/22(Tue) -
マンサクの黄葉161

マンサクも黄葉します。
朝陽があたります。

秋にはどこにでもあるさりげない佇まいですが。
近寄ればえもいわれぬ趣があります。

葉の付け根には小さな膨らみがいくつもあります。
花芽のようです。
寒くなる季節の中で、春に向かって気持ちを蓄えているのでしょう。

草木はその時々にあわせてひたすらです。

   胸の中も黄葉するや小春日和 (あや)

マンサクの黄葉162

マンサクの黄葉164
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(0) | ▲ top
マメガキ(豆柿・信濃柿・小柿) ~甘くて美味しいんです~
- 2016/11/21(Mon) -
コガキの実161

葡萄のような丸い実があります。
豆柿が黒紫色に熟しています。
大きさは1㎝をを少し超えるほどの小さな柿です。

甘いんです。
ちょっとしたデザートです。

遠くに目を遣れば、どの山々も肌を秋染めにする11月下旬です。

  信濃柿もろともに山寂びにけり  (宮坂靜生)

コガキの実162

コガキの実163
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(1) | ▲ top
カリン(花梨の実) ~一つ二つと落ちてきました~
- 2016/11/17(Thu) -
カリンの実165

カリンも落ちてきます。
部屋に入れました。
甘い香りが広がります。
しばらくは手にもその香りが残ります。
車にも置きました。
自然の芳香剤です。

今年もたくさんの実りです。

昨年は頑張ってたくさん漬けました。
とても固いので共同作業です。
割って種を取り出すところまでは私です。
後の細かいところを任せます。

「いつ漬ける?」
「今度の土日…」

金曜日に採るとします。

    花梨の実高きにあれば高き風  (池上樵人)

カリンの実161

カリンの実162

カリンの実163

カリンの実160
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(1) | ▲ top
ドウダンツツジ(満天星躑躅の紅葉) ~深まる秋の彩りをどう詠む~
- 2016/11/16(Wed) -
満天星躑躅紅葉161

「同級会があって横浜まで行ってきたの」
「はい、お土産」
車を降りて義姉が紙袋を手渡す。
「寄ってください」
「これからシモジョウへ行くの」
見れば整った服装、歌人として長年指導する短歌会なのだろう。
加えて花や畑に美術や音楽の鑑賞と多彩な趣味。
満天星躑躅を見て「だいぶ赤くなったね」といいつつ、そくそくと車に乗り込む。
羨ましいほどに行動的である。

紅葉の満天星躑躅。
義姉なら深まる秋の彩りをどう詠むのだろう。

  出不精になりし我身の秋深く  (渋沢渋亭)

満天星躑躅紅葉162

満天星躑躅紅葉163
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(0) | ▲ top
ピラカンサ(Pyracantha・タチバナモドキ) ~晩秋という響きと形~
- 2016/11/14(Mon) -
ピラカンサ2161

朱色の実がいっぱい。
艶々して小さな柿みたい。
おいしそう。

実がこぼれ落ちている。
ジョウビタキやヒヨドリがいたりする。
鳥さんたちは好物のよう。
食べ過ぎに注意してね。

「無理しないで」と声を掛ける、晩秋の風が。

  晩秋の誰が私を暖める   (高澤晶子)

ピラカンサ2162

ピラカンサ2164
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(0) | ▲ top
サクラモミジ(鬱金桜の紅葉) ~寂寥も深まり~
- 2016/11/13(Sun) -
桜紅葉161

木々の姿も変わりゆく。

すでにほとんどが裸になったもの。
枝に実だけを残すもの。
そして葉を美しく染めるもの。

廻る一年の中で華やぎ滴り装い眠る。
人の一生もまた。

鬱金桜の紅葉。
ところどころに虫喰い。

深まる秋、気はいっそう冷やかに澄んで寂寥の奧へといざなう。

   日をこぼし紅葉こぼして桜の木  (市村究一郎)

桜紅葉162

桜紅葉163
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(0) | ▲ top
ニシキギ(錦木の紅葉) ~身近なところで~
- 2016/11/08(Tue) -
ニシキギ紅葉161

朝の落葉掃きは昨年よりはだいぶ楽になった。
3月に屋根を覆っていた霞桜をはじめ、欅、栃、小楢などを伐ったからである。
作業の時間と労力、そして落葉の収量は比べものにならない。
残る辛夷と桂についても来春までにはと思案する。

山なみを越えた陽が庭に差し込む。
紅葉する錦木をいっそう鮮やかにする。
身近なところで彩る錦をしみじみ味わう。

   錦木に寄り添ひ立てば我ゆかし (高浜虚子)

ニシキギ紅葉162

ニシキギ紅葉163

ニシキギ紅葉164
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(0) | ▲ top
マユミ(真弓・檀) ~実を付ける木々~
- 2016/11/03(Thu) -
マユミの実161

先日、家人を乗せて出掛けた帰りのこと。
近くの無人販売にハヤトウリ(隼人瓜)があった。
1袋買った。

甘酢漬けにしてくれた。
コリコリの歯ごたえがありうまい。
好みである。
「チャーテ(ハヤトウリ)、来年作ったら…」と言う。
それもいいと思った。

西日を受けて薄紅色の実が枝にぶら下がっている。
丸みのある四角いそれはマユミの実。
割れた果皮の中からは赤い種子も覗く。

木々にそれぞれの実を見るこの頃である。

長閑な時を刻む秋の日、空気のようなやりとりに身を置く。

   檀の実割れて山脈ひかり出す  (福田甲子雄)

マユミの実162

マユミの実163

マユミの実164
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ