クロコスミヤ(Crocosmia・モントブレチア) ~寡黙にひたすらに~
- 2014/07/31(Thu) -
クロコスミア311

クロコスミヤは鮮やかなオレンジ。
緑の葉とのコントラストが映える。

さてさて今日で7月も終わる。
もっと律して、もっと誠実に。
手考足思…。
自分が動く。

  世にも暑にも寡黙もって抗しけり (安住敦)

クロコスミア312
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
シライトソウ(白糸草) ~それぞれの物語~
- 2014/07/31(Thu) -
シライトソウ311

ロマンチックな赤い糸の伝説。
少女は遠くにきっとある薔薇色の恋を夢見る。
巡り来るであろう素敵な出会い。

もし白い糸にも物語を与えるとしたら。
たとえばそれは大人の恋だったり…。

穂状の小さな花、白糸草が咲く。
ひっそりと。
密やかに。

  屈み見る白糸草に時ゆるり  (あや)

シライトソウ312

シライトソウ313
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
ユリ(カサブランカ・Casa Blanca) ~うなづきあうごとく~
- 2014/07/30(Wed) -
カサブランカ302

白いカサブランカ。
強い芳香。
花弁の美しい造形。
「私の出番よ」…。

百合のあるいい夏の日。
私も背筋を伸ばす。
  
  百合の花凜として立つ心する (あや)

カサブランカ301
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
ヤマブキ(八重山吹) ~返り咲きと脱け殻~
- 2014/07/30(Wed) -
八重山吹の返り咲き

ちらほらと山吹が咲いている。
季節を飛んでの返り咲きだ。
暑い中のちょっとした感傷。

と、そばに蝉の脱け殻。
葉を左右の脚でしっかり抱えている。
地面を這い出て力を振り絞ってそこまで辿り着いて。
安心して新しい姿に変身…。

ジイージイージーと遠慮のないボリュームで鳴く蝉たち。
彼はその一つに加わっているのかもしれない。

   風に揺れ葉を抱える蝉の殻  (あや)

山吹と蝉の脱殻

蝉の抜け殻
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
ツクシカラマツソウ(筑紫唐松草) ~線香花火~
- 2014/07/29(Tue) -
ツクシカラマツソウ16

見逃してしまいそうになるほどの小さな花が咲いていた。
筑紫唐松草だった。
か細い。
線香花火のようだ。
それも終わりに近づいた頃の。

  草木に風の象(かたち)を見たる夏   (斎藤梅子)

ツクシカラマツソウ14
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
サボテン(仙人掌・短毛丸) ~感じた、今年もまた~
- 2014/07/28(Mon) -
短毛丸281

昨日の朝、感じた。
伸びている。
動いている。
綻び始めている。
きっと今夜だと。

部屋に運び入れた。
予想通り短毛丸の花は開いた。
午後7時、蕾は白い花となる。

蕾ははじめ、小豆ほどの小さな毛むくじゃらだった。
そして少しずつ膨らみ、花首がぐんと伸びていく。
その意思を持つかのような変容も何とも言えぬ。

開花を見届け、私は満たされて寝た。
朝3時に起きた時、部屋にはいい香りが漂っていた。
丁度の満開だ。
仙人掌の花はどれも美しい。

この後、花びらは力を失い、そしてその姿を終える。
短毛丸は夏の日の儚い花である。

  棘多くして仙人掌の花あえか  (山口速)

短毛丸282

短毛丸283

短毛丸284

短毛丸285
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
ヤブカンゾウ(藪萱草) ~暑い昼間だけに咲く一日花~
- 2014/07/27(Sun) -
藪甘草271

どこもかしこも灼けるような暑さだ。
陽を受ける肌が痛い。
地面からの熱気が頭をもやもやとさせる。
うまく対処して過ごさなければ。
それにしても年々、猛暑のレベルが増している気がする。

花は咲く。
冷房も扇風機もない暑さの中で。
黙して。

  萱草は随分暑き花の色   (山本荷兮) 

藪甘草272

藪甘草273
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ