カタクリ(片栗・かたかご)  ~しずかに~
- 2015/04/21(Tue) -
カタクリ211

薄紫の花。
カタクリは下を向く。
花びらはくるり。
蕊は顔を出す。
蕾は細く長く。

静かに見る。

   かたくりのくるりとそりてなりしずか   (あや)

カタクリ212

カタクリ213
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
ヒイラギナンテン(柊南天)  ~ひっそりと~
- 2015/04/21(Tue) -
ヒイラギナンテン211

葉に棘。
固く鋭い。

花は小さな鐘状。
色は黄色。
香りはなく。

柊南天。
私はなぜこの木を植えたのだろう。

鳥は近寄らない。

ジャガイモを植えた日。

  馬鈴薯を植う汝が生れし日の如く   (石田波郷)

ヒイラギナンテン212

ヒイラギナンテン213

ヒイラギナンテン214
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
レリーフ(relief) ~正面は…~
- 2015/04/20(Mon) -
レリーフ20

スケッチブックを開く。
少し斜めに視線を向ける女。

正面の顔…。
難しそうだ。
できるか。
案ずるより動く。
結果ダメであったとしても、それはそれできっと得るものが。
彫ってみよう。

レリ-フ3作目。
前2作は横顔。
正面は初めて。

厚さ2センチの石膏板。
まずスケッチに忠実に線彫り。
髪の毛から。
そして服、次に顔。
口、目、鼻とパーツを。
丸み、膨らみ、高さを。
刀の力加減を微妙に調整し。
刀の向きを操り。
刀の先に目と神経を集中。
少しずつ彫り下げ、少しずつ残し。

額に入れてみる。
気になるところがいくつもある。
考える。
少しの迷い。
ふう~っ。
ここまで。

今度は塑造や木彫でのレリーフにもチャレンジしてみよう。

  桜便り松前にもと春暖かな   (あや)

レリーフ21

レリーフ22

レリーフ23

レリーフ24

レリーフ25
この記事のURL | 彫刻を作る | CM(0) | ▲ top
ハナニラ (花韮・Spring star flower) ~花の中の光と影~
- 2015/04/20(Mon) -
ハナニラ200

花韮。
花びらは6角形。
色はソフトグラデーション。
英名でもSpring star flowerと。
うんうんうん。
地上の星たち。

樅の木の枝で雉鳩が子育ての準備。

花に春の光と春の影。
花に春の風と鳥の声。

  うれしさは春の光を手に掬ひ (野見山朱鳥)

ハナニラ201

ハナニラ202

ハナニラ203
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
ムスカリ(Muscari) ~花葡萄~
- 2015/04/19(Sun) -
ムスカリ154

庭の土手。
広がる紫青色。
ムスカリ、ムスカリ、ムスカリ。
野の花となったムスカリたち。
膨らむ花は1、2、3、4、5…。
まるで房になった逆さ葡萄。
口の周りは白く縁取られ。
いい。

その上の桜で鴬が鳴いている。
ホーは伸びやかに。
ホケキョも歯切れ良く。
今度は上手だ。

長閑な春。

  ホーの後ホケキョ待つ間の至福かな   (斎藤喜信)

ムスカリ151

ムスカリ153

この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
ナシ(梨の花・幸水) ~可憐です~
- 2015/04/19(Sun) -
コウスイ150

これは幸水
やはり早めの開花

白い花
梨の花
白い花
可憐な花

咲いた花を眺めながら
今年はどのくらい実るのだろうかと

少し経ったら花付け
♪梨の花咲き~♪と歌いながら

  梨咲きぬ言葉の届く高さにて (岡本 眸)

コウスイ151

コウスイ152

コウスイ153
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
キバナカタクリ(黄花片栗) ~色が増えていく~
- 2015/04/18(Sat) -
黄花片栗181

燕が飛んでいた。
おお、もうそんな時なのだ。

キバナカタクリも咲いた。
花びらをくるりとそり返す。
下向きに物静かに。
ささやかな風にもゆらゆら。
その様ははにかむ少女。
蕾の形もまた。

庭に様々な色が加わる。

   片栗の一つの花の花盛り  (高野素十)

黄花片栗183

黄花片栗182

黄花片栗184
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(2) | ▲ top
| メイン | 次ページ