裸になった木々 ~それは『用意』~
- 2014/11/26(Wed) -
裸になった木々

石垣りんに『用意』という詩がある。

 それは 凋落であろうか
 百千の樹木がいっせいに満身の葉を振り落すあのさかんな行為
 太陽は澄んだ瞳を
 身も焦がさんばかりにそそぎ
 風は枝にすがってその衣をはげと哭く
 そのとき、りんごは枝もたわわにみのり
 ぶどうの汁は、つぶらな実もしたたるばかりの甘さに重くなるのだ
 秋
 ゆたかなるこの秋
 誰が何を惜しみ、何を悲しむのか
 私は私の持つ一切をなげうって
 大空に手をのべる
 これが私の意志、これが私の願いのすべて!
 空は日毎に深く、澄み、光り
 私はその底ふかくつきささる一本の樹木となる
 それは凋落であろうか、
 いっせいに満身の葉を振り落とす
 あのさかんな行為は―
 私はいまこそ自分のいのちを確信する
 私は身内ふかく、遠い春を抱く
 そして私の表情は静かに、冬に向かってひき緊る。

庭の木々の姿を見ていて、その詩を思い出していた。

葉が落ち、色をすっかり失い、容姿を変えた樹。
然しそれはけっして凋落ではないと。
衰え、落ちぶれ、沈む形ではないと。
それはリスタートの「用意」なのだ。
それは新たな気力の「粋」なのだ。
自己の生を振り返り、また新たな出発のための一年に一度のセレモニー。

人にもそんな「いのちの秋」が必要かもしれない。
人にも時々の四季が必要かもしれない。

  逝く秋の風をききおり風の中 (阿部洋子)

この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(0) | ▲ top
シャコバサボテン(蝦蛄葉仙人掌) ~白鳥みたい~
- 2014/11/25(Tue) -
シャコバサボテン251

シャコバサボテンがね、昨日咲いたんです。

白鳥に見えませんか?
翼を広げて少し首を下に向けて。
ゆるやかに湖畔に向かう。
そんなふうに。
花の中央を縁取る紅色も艶やかできれいでしょう。

でもね、この方もうかなりのお年なんです。
正確なことは忘れましたが、多分10年は越すと思うんです。
ほら根元を見てください。
まるで朽ちそうな老木のようでしょう。
それでもこうして毎年、白鳥花を咲かせてくれるんです。
もっとも年々花数は少なくなってはいますが。

もう一年、あと何年、いや尽きるまで見守ります。

そういえば今年も犀川に白鳥が飛来してきました。

  秋暮れてしゃこばさぼてんに回想す  (あや)

シャコバサボテン252

シャコバサボテン253

シャコバサボテン254

シャコバサボテン255
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
イチョウ(公孫樹) ~箒公孫樹~
- 2014/11/24(Mon) -
公孫樹241

「公孫樹の木も箒になった」と詠んだのは光太郎だった。

樹はすっかり枝を露わにし、箒模様を呈する。
過去にきっぱりと訣別するがごとく。
眼をズームさせれば数枚の葉といくばかりかのギンナン。
これらも残された時間はわずか。
ところどころに見られる小さな膨み。
どうやら冬芽。
終わりの時を自覚した樹は同時に始まりの準備を始めているらしい。
樹は潔くそして手際いい。

 銀杏枯れ光太郎の箒となる  (あや)

公孫樹242

公孫樹243

公孫樹244
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(0) | ▲ top
イロハカエデ(紅葉) ~裏もみじという~
- 2014/11/23(Sun) -
モミジ231

モミジの紅葉。

昔から人々の心を魅了してきた色がそこにはある。
調和の取れたイロハニホヘトの切れ込みとともに。

さらには木の内に入っての眺めは趣がある。
下の葉に影が映るなどいうまでもない。
勝手に裏モミジなどと名付けている。

もみじには華やかさと哀れが同居している。
もみじには威厳と閑寂が同居している。

  かざす手のうら透き通るもみぢかな  (大江丸)

モミジ232

モミジ233

モミジ234
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(0) | ▲ top
キク(菊) ~何気ない秋のこと~
- 2014/11/22(Sat) -
キク221

2羽の雉鳩が住み着いている。つがいだろう。
掃いた金木犀の下に白い糞と羽が落ちる。寒くはないのか。

隣の柿畑では夫婦が三脚を立てて実を取っている。
これから干し柿にするのだ。手間のいる仕事である。

「また根切り虫がいたよ」と茶黒い虫を手に持ってくる。
このところ、タアサイがよくやられている。でも部屋まで持ってこなくても。

広告を見ていて隣で言う。「除雪機を買ったらどうお?」。「まだ自分でできるからいい。だいたい高すぎる」
「そんなの必要経費よ、いつも大変じゃない」。「なんとか頑張る」

「籾殻をもらいに行かない?」
軽トラを走らせて精米所へ。先客がいたらしい。糠もなかった。

台所で第9を掛けながらトントンしている。そして「大根を突いてえ」と渡される。
~春に 春におわれし 花もちる…きすひけ、きすひけ、きすぐれて~と歌いつつ手を動かす。少年の頃よく歌った。

「ギンナンも割ろうか?」
「まだだいぶあるから大丈夫」

「いつもありがとうね」
林檎が届いたとの電話が入る。思いの外早く着いたようだ。送ったのはフジと王林。

赤い菊が咲いている。
庭が淋しくなっていく。

ふと母の顔が浮かぶ。
その名を小さく口にする。

  ものつくる時みな一人暮の秋   (後藤紀子)

キク222

柿取り

雉鳩の羽と糞
この記事のURL | 日常・おはなし・他 | CM(0) | ▲ top
ドウダンツツジ(満天星の紅葉) ~夕餉は鍋~
- 2014/11/21(Fri) -
ドウダンツツジの紅葉202

「きれいだね」
白菜と大根とホウレンソウをもってやってきた義姉。
紅葉した満天星躑躅を見ての一言。

全体が赤く染まる。
空を背景に見ると、その色がなおいっそう輝く。
近づけば一枚一枚の葉も色鮮やか。
黄色みを帯び、尖りのある形をした実。
中にやわらかなカマキリの卵がひとつ。

彩る秋色を楽しむ。

夕餉は鍋。

    手に拾ふまでの紅葉の美しき  (和田順子)

ドウダンツツジの紅葉201

ドウダンツツジの実

カマキリの卵鞘
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(0) | ▲ top
キク(菊) ~感動させる以上に感動することを大切に~
- 2014/11/20(Thu) -
キク11204

昨日の新聞のコラムに紹介されていた。
高倉健さんが、絵本『南極のペンギン』で書いた言葉だという。
 僕の仕事は俳優だから、よくひとから拍手される。
 でも、拍手されるより、拍手するほうがずっと心がゆたかになる。
 そう思いながら、ぼくは手をたたきつづけていた。
健さんは石垣島の小さな学校の地区総出の運動会を見た時、震えるほど心を動かされたと。

コラムは結ぶ。
「感動させること」以上に「感動すること」を大切にした俳優、それが健さん。

周りの人に、小さな出来事に、身近なものに感動する。
感じる…。
考える…。
喜ぶ…。
愛する…。
好きになる…。
そうすれば心がゆたかになる。

健さんの顔を思い浮かべながら、また言葉の貯金ができた気分になった。

茎を自由に菊が咲いている。

   不器用な言葉残して菊に逝く   (あや)

キク11203

キク11202

キク11201
この記事のURL | 思い・感じ・考えたこと | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ