タカノツメ(鷹の爪) ~その形を見ながら~
- 2016/09/30(Fri) -
タカノツメ160

子どもの頃はよくタカの渡りを見た。
夜、近くの森に集団で休む姿を仲間で見に行ったりもした。
そんな懐かしい思い出もある。

タカノツメがびっしりである。
家人の要望で作るのだが、私は辛いのは苦手。

その赤い実を収穫しながら、昔のことなどを思い出したりしていた。

   点となる鷹へ心を繋ぎけり   (夏目立朗)

タカノツメ161

タカノツメ162

タカノツメ163
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(2) | ▲ top
モロヘイヤ(mulukhiyah) ~ネバネバが好き~
- 2016/09/29(Thu) -
モロヘイヤ161

ネバネバ野菜をよく食べる。
で、オクラ、金時草、明日葉、ツルムラサキも作る。
納豆は比較的多く食卓に上る。
美味しいという訳でもないが、なぜか好きだ。

葉に埋もれるように黄色い小さな花を咲かせているのはモロヘイヤ。
これも葉のネバネバの度合いはかなり高い。
「少し摘んできて~」と、今は毎日のように声が掛かる。

芸術の秋、東京で心を洗濯…。

  サティ聴く九月画布白きまま   (森尻禮子)

モロヘイヤ162

モロヘイヤ163

モロヘイヤ164
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
サンパラソル(Sun Parasol) ~その心遣い~
- 2016/09/28(Wed) -
サンパラソル21

昨日は久しぶりの青空だった。
そして夏を思わせる暑い日だった。

そんな中をうら若き女性の訪問があった。
固い信念を持って目指す学部へ一浪して入った九大の二年生である。
大学の様子などを話してくれた。
語る言葉とその眼差しから、真剣な学びの姿と誠実な学業への取り組みが読み取れる。
今はまだ夏休みで、明日福岡に戻るので、挨拶に来たのだと。
夜行バスで名古屋まで約12時間、さらに乗り換えて2時間半の行程での帰省。
若いからできること、私には到底無理だ。
そして、お土産に「めんべい」。
小遣いもままならないだろうに、わざわざの心遣い。
20分ほどの楽しい会話。

「元気で」とひとこと。
「ありがとうございました」との笑顔が眩しかった。

帰った後、「めんべい」を食べた。
めんたいにイカとタコの入ったせんべいだった。
「めんべい」の名前の意味が分かった。
香ばしく美味しかった。

夜、電話が鳴った。
「すみません、娘が突然お訪ねしまして」
彼女の母親からだった。
「どうしても会いたいと行って出掛けました。喜んで帰ってきました」と。
「おかあさんの背中を見て、しっかり学生の本分を全うしていて…」

シングルマザーで3人の子を育てている彼女、強い。
真っ直ぐに生きている親子である。

深紅のサンパラソルが再び咲いている。
一度めは7月下旬だった。

  天上の声の聞かるゝ秋うらゝ  (野田別天楼)

めんべい40

めんべい41

サンパラソル22

サンパラソル23
この記事のURL | 日常・おはなし・他 | CM(3) | ▲ top
リュウキュウアサガオ(琉球朝顔・クリスタルブルー) ~まだ咲いてくれるか~
- 2016/09/27(Tue) -
リュウキュウアサガオ1621

そろそろいいかと思って、西側の葦簀を片付けた。
お彼岸も過ぎたことだし、もうそう暑くなることはないだろうと。

あにはからんやである。
今日は30℃を越すとの予報。
先日は最高気温が20℃を切ることもあったというのに。
秋が真っ直ぐに進むのを何かがちょっといじわるしているらしい。
遥か高いところでほくそ笑んで。

琉球朝顔が咲く。
朝の青い花は夕方には赤い花と変わっていた。

  朝顔の紺のかなたの月日かな  (石田波郷)

リュウキュウアサガオ1622
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
シュウメイギク(秋明菊) ~ひとひら秋色時間~
- 2016/09/26(Mon) -
シュウメイギク161

柿の実が色づきはじめた。
柿の葉が落ちはじめた。

やさしい風が通る。
淡紫の秋明菊が揺れる。
細く伸びた花茎のその先。
一輪ずつひらひらりと。
丸い蕾もゆらゆらり。
秋の明るい菊と書く、その名前が好き。

私に流れる秋色の時間。

  憩ふ人秋色すすむ中にあり (橋本鶏二)

シュウメイギク162

シュウメイギク163
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(2) | ▲ top
キクイモ(菊芋) ~芋菊でなく菊芋という名の持つ意味~
- 2016/09/25(Sun) -
キクイモ161

たくさんの黄色い花を咲かせるのはキクイモ。
この時期になると家の周りに背を伸ばす。

最初は畑の片隅に小さな一株を植えたのが始まりだった。
イヌリンを多く含んでいるという、その栄養価の高い塊茎が紹介されていたからだった。
10数年前のことになる。

ショウガとジャガイモを合わせような不定型の芋は洗うのに手間取る。
土臭さが残る独特の食感。
しばらくは物珍しさもあり、収穫を楽しんだ。

しかし数年もすればその旺盛な繁殖力に困惑することとなる。
お構いなしにあっという間にエリアをどんどん広げる。

そしてそれから先は、出てくると抜き、出てくると抜いては土手に捨てた。
根絶したいと思うがなかなか難しく、野生化している。
今では芋を掘ることもなく、秋の花として眺める。

  それもよからう草が咲いてゐる   (種田山頭火)

キクイモ162

キクイモ163

キクイモ164
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(3) | ▲ top
クジャクアスター(八重孔雀アスター) ~着るものに迷う~
- 2016/09/24(Sat) -
八重クジャクアスター161

暑さ寒さも彼岸までというが、まさにその感ありの今日この頃。
残暑はそっと消え去り、肌にはやさしい気温となっている。
着るものにも迷いが生じ、そろそろ合い着との入れ替えも…。

紫花のクジャクアスターは年ごとに花数を減らして淋しい。

少しだけ切って、ほかのと一緒にまとめて挿した。
素養の無いおじさんらしい。

  あきくさをごつたにつかね供へけり   (久保田万太郎)

八重クジャクアスター162

八重クジャクアスター163

八重クジャクアスター164
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(3) | ▲ top
| メイン | 次ページ