ツグミとヒヨドリとヒレンジャク(鶫・鵯・緋連雀)  ~みんな仲がいいんだ~
- 2018/02/23(Fri) -
1鵯と鶫と緋連雀

ツグミが居て。
そこへヒヨドリがやって来て。
そしてヒレンジャクが加わって。

みんな目を地面に向けてなにやらを啄んでいる。
互いにすぐそばにいながらまったく気にする様子もない。
縄張り争いでもするのかと思ったが。
種は違っても意外と仲が良いんだ。
知らなかったなあ。

   春めくといふ言の葉をくりかへし  (阿部みどり女)

2鶫と鵯と緋連雀

3鶫と緋連雀

4鵯と緋連雀
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
プリムラ・ポリアンサ ~花と遊ぶ~
- 2018/02/22(Thu) -
ポリアンサ182

部屋に一鉢のポリアンサ。
体が和む。
心が翔る

    「花」 八木重吉

  にこにこ
  遊びたくなった
  ひとつ 花をください
  もって あそぶんです

何して遊ぼう。

  それ以来誰にも逢はず春浅し  (鈴木花蓑) 

ポリアンサ181
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
キレンジャク(黄連雀)  ~溶け合って~
- 2018/02/21(Wed) -
1キレンジャク182

ヒレンジャクが群れで庭に来てから数日になる。
一日でどこかへ移動するのかと思っていたが。
こうも毎日見られるのは嬉しい。

そして新たな発見。
キレンジャクがその中に混ざっている。
この鳥を見るのは初めて。
尾羽の先の黄色いワンポイント。
風になびく冠羽。
ヒレンジャク同様に引き締まったいい表情。

緋連雀と黄連雀は混群することがあるとは聞いていた。
その場合は半々程度かと思っていたが、この群れではたった一羽だけだ。
枝に並んで立つが、全然違和感なく、馴染んでいる。
なかなかな光景。

居ながらにしてのさながら楽しき探鳥会。

  枝移りゆく寒禽のあからさま  (千原草之)  

2ヒレンジャク1821

3キレンジャクとヒレンジャク183

4キレンジャクとヒレンジャク181

6ヒレンジャク1823

この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
ヒヨドリ(鵯)  ~やわらかな光~
- 2018/02/20(Tue) -
ヒヨドリ575

最高気温が10℃を越すようになった。
ようやく。
届く光もやわらかい。

黒くなった豆柿の残りに鵯が来る。
見ては選んでは嘴に挟む。
満足するまでいくつもいくつも。
よく食べる鳥だ。

   或日あり或日ありつつ春を待つ  (後藤夜半)
 
ヒヨドリ576

ヒヨドリ577
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
フクジュソウ(福寿草) ~春告げ花に言葉こぼれて~
- 2018/02/19(Mon) -
福寿草1821

福寿草が咲いています。
幸せ色です。
春告げの花です。
まさに地の中からから「福」と「寿」を抱えて出てきたかのようにです。

この花のことを私は勝手に「恋人の花」って名付けているんです。

音を一つずつ区切ってゆっくり声に出して言うんです。
「ふ・く・じゅ・そ・う」
「fu・ku・jyu・so・u」
ほら、口が「u」と「o」の形になって、とんがって、つきだして。
目をつぶって言えばなおさらです。
「フ・ク・ジュ・ソ・ウ」

そういえば今日は雨水ですね。

  福寿草むかしはらから睦みけり  (樋笠文)

福寿草1822

福寿草1823

福寿草1824

福寿草1825

福寿草1826 - コピー
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
ヒレンジャク(緋連雀)  ~5年ぶりです~
- 2018/02/18(Sun) -
ヒレンジャク181

たくさんの群れで朝からやってきたのはヒレンジャクでした。
冠羽の特徴からからすぐにわかりました。
そして尾羽の先が緋色で。
庭の染井吉野が気に入ったようで、それと電線を何度も往復します。
3時半頃までいてくれました。

5年ぶり二度目の飛来です。
前回は2013年2月14日でした。
その時同様に、立ち去った後は地面にオレンジの糞が多量に広がっています。
構いません。
また来て下さい。

    緋連雀冠毛立てゝ群れ下りし (原田浜人)

ヒレンジャク185

ヒレンジャク184

ヒレンジャク183

ヒレンジャク182

この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
ツグミ(鶫) ~静かな鳥~
- 2018/02/17(Sat) -
ツグミ742

目白や鵯たちが朝からやって来て賑やかだ。
声が間断なく響き渡る。
少しは遠慮したらどうかと思うほどである。

桜の木に一羽の鳥。
動き回る周りに我関せずという如く。
口を噤む。
背を伸ばした姿勢で静かに動じず。
つぐみ続ける。
達観するかのように。

  人の顔俄にさむし鶫とぶ  (右城暮石)

ツグミ743
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(2) | ▲ top
| メイン | 次ページ