ハス(蓮) ~絵と冬枯れの蓮池と果托~
- 2016/02/13(Sat) -
蓮田1

知人から作品展の案内を頂き、初日に出掛けた。
彼は有島生馬、小山敬三、安井曾太郎らによって創立された伝統ある一水会に所属する。

描くのは布や果物、器、瓶、機械、登山靴、ピッケルなどの静物画。
対象をどのように配置するか、構図の決定に腐心するという。
そしてモチーフの形態と質感を徹底的に追求し、緻密に描写する。
たとえば、掛けられた布の微細な柄まで丁寧に表す。
一枚に長い時間を費やし、キャンバスの隅々まで写実表現に徹する。
その制作態度には学ぶことが多い。

作品を前にしばし絵画談義に弾む。
制作活動を通して長年になる付き合いだが、いまだ互いに敬語で会話する。
どうやらそれぞれが携わっていた職業がしみついて離れないのだ。
参観者が増えてきたので、挨拶をしてお暇する。

家までは交通量も少ない県道で一時間弱。
のんびり景色に目をやりつつハンドルを握る。
途中、蓮池が目に留まる。
冬枯れの蓮が広がる風情もなかなかいい。

そういえば、家に蓮の果托を取っておいたはず…と。
いつか彫刻にしようと思っていたのだ。
箱の中から取りだし手にする。
いい形をしている。

もしかすると、彼の絵のモチーフにもなるのではないか。
今回の出品作の中にも枯れた黄色いカラスウリの実が描かれていたのだから。
今度会ったら話題にしてみよう。
その前に自分でも彫って作品に仕上げなくてはだ。

  蓮の実のこぼれ尽くして何もなし (正岡子規)

蓮田2

蓮の実
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(0) | ▲ top
『夜桜美人図』 ~応為(お~い)、お栄(おえ~い)~
- 2016/02/12(Fri) -
夜桜美人図

葛飾応為の肉筆画『夜桜美人図』がどうしても観たいというのだ。
メナード美術館は遠い。

中央道を南下し、小牧ジャンクションで名神に入る。
小牧ICで降りて国道41号を進み、左折。
左手に小牧城を過ぎればすぐそば。
休日とあってか行路は順調、ほぼナビの設定時刻に到着。

開催されていたのは絵画・書・工芸からなる企画展『和のかたち』。
求めた応為の作は第三室、―うたを楽しむ―の章の中にある。
描かれるモチーフや主題へ想像を膨らませつつ、近寄って観て、離れて観る。

春の夜、妙齢なる女性が左手に短冊、右手に筆を持って、二つの石灯籠の間に立つ。
想が練り上がり、いよいよ筆を走らせんとするその時だろうか。
灯りが映す表情から量ればそれは想いを届ける恋の歌なのかもしれない。
灯籠の中の揺らぐ炎が作る光と影が女性の内面あるいは物語性をいっそう深める。
少し離れて、ほのかに浮かび上がる桜の花。
木々のシルエットを越して見える無数の星。
画面下に目をやれば雪見灯籠が振り袖と着物の裾を照らす。
足元には幾ばくかの散った花びら。
そのどれもにもそれぞれ付加された意味と、なくてはならない必然性を感じさせる。

バランスの取れたプロポーションとそのしなやかな姿態。
繊細に描かれる人物のディテールや背景に置かれた木々。
その江戸美人の居る場と同じ時間にいざなわれるよう。

応為は葛飾北斎の三女お栄。
父から受け継いだ画家としての才能がこの一枚だけを観ても十分伝わる。
一説によれば北斎よりも描写力に優れていたとか、北斎同様かなりの変人だったとかも伝聞される。
研ぎ澄まされた構想力と緻密な技巧と豊かな感性を隙なく感じさせる「夜桜美人図」だった。

せっかくだからと、足を伸ばして国宝犬山城の天守に登っ後、帰路に就く。
二月のいい日、満たされた鑑賞の旅。

   年々に春待つこゝろこまやかに (下田美花)

夜桜美人図2
この記事のURL | アート・鑑賞 | CM(1) | ▲ top
カリン(花梨) ~桜餅を食べる~
- 2016/02/11(Thu) -
籠のカリン

「カリン捨てておいて」と言って車で出掛けていく。

シロップ漬けなど、いろいろ作ってくれたのである。
それがまだ何本かの瓶に詰まって並んでいる。
食事と共に出され、少しずつ食べる。
いよいよえらくなったのだろう。
今期はもうそれで十分。
籠の中にはまだたくさんが出番を待っていたのだが。
来る秋の実りを楽しみに待つとする。

小柿の根元にまとめて捨てた。

一時間程経ってから、「桜餅、買ってきたよ」と。
いつもの隣の市の和菓子屋へ行ってきたらしい。
その店の桜餅は美味い。
季節を先取りし、早速食べる。
色、香り、味と目に鼻に舌に春を感じさせてくれる。
「まだあるからね」
何種類かを箱詰めにしてもらったらしい。
和菓子党である私には嬉しい。

この先大きな事が待ち受ける。
懈怠の心を生じさせてはならない。
見通しを持って一つ一つを着実に進める。

  わが妻に永き青春桜餅  (沢木欣一)

かりんシロップ漬け

桜餅
この記事のURL | 日常・おはなし・他 | CM(0) | ▲ top
リンゴと黒い帽子 ~彩色木彫~
- 2016/02/10(Wed) -
木彫リンゴ53

ボレロを聴きながら。

リンゴに着色する。
帽子は薄黒に。
服は濃朱。
顔は地色を生かす。

胸に穴を開ける。
リンゴに棒を付けて挿し込む。
うまく嵌まる。

ひとまず終了。

冷える足、暖かい膝掛け。

紅茶を啜りながら。

   我恋は林檎の如く美しき  (中川富女)

帽子403

木彫リンゴ399
この記事のURL | 彫刻を作る | CM(0) | ▲ top
クリスマスローズ(Christmasrose) ~だんだん~
- 2016/02/09(Tue) -
クリスマスローズ281

疲れている?
そうでもない。
なんか元気ないわ。
そうかなあ。
何かうまく行ってないの?
そんなことはない。
心配事があるの?
いや。

最近ちょっと春を感じない?
こよみではもうはるだもの。
寒さはピークを超したようね。
うん、たしかに。
クリスマスローズも咲いているし。
はなにはきせつセンサーがあるんだよ。
なぜクリスマスローズって言うのかしら。
さあ、どうしてだろうね。
だって、クリスマスって12月でしょ。
げんさんちではそのころにさくのかもしれない。

春かあ。
だんだんだ。

   クリスマスローズ気難しく優しく  (後藤比奈夫) 

クリスマスローズ282

クリスマスローズ283

クリスマスローズ284
この記事のURL | 日常・おはなし・他 | CM(1) | ▲ top
ロウバイ(臘梅) ~また字を確かめ、うふふふふ~
- 2016/02/08(Mon) -
ロウバイ281

臘梅のその艶やかな花びら。
透き通るやさしい黄色。
今は蕾、蕾、蕾、花と、蕾の中に少しの花。
にっこりを誘う。

いい香り。
何かに似ている。
鼻を近づける。
紅茶?
ヒヤシンス?
いずれにしても、鼻の奥まで届くキューンとした深い香り。

二枝折る。

   臘梅の臘の字書けずうふふふふ  (あや)

ロウバイ282

ロウバイ283

ロウバイ284
この記事のURL | 草と花と鳥と | CM(1) | ▲ top
塩見岳と南アルプス ~生活の中で~
- 2016/02/07(Sun) -
塩見岳271

窓を開けて遠くに眠る山を見る。
そこにある変わらない冬の姿。

若い頃に、「辛くなったら、悲しくなったら山を見ろ」と。
山は応え、教え、導く。

ふと思い出した石井鶴三の言葉。
「美を本当に美としてとらえられる感性、豊かな感性を持った人でありたいと思うのです。」
「心が明るく正直でなければ、美を美としてとらえることはできません。だから心の修行が大事です。人間が問題です。」

そうだ、今日は薔薇の剪定しよう。

  雪嶺よ日をもて測るわが生よ  (相馬遷子)

南アルプス271
この記事のURL | 自然・菜園・風景 | CM(1) | ▲ top
| メイン | 次ページ